Nゲージ車両 JR・国鉄車両(寝台特急)


ここでは、私が所有するNゲージ車両のうち、JRや国鉄の寝台特急車両を紹介します。





JR九州24系25形 寝台特急なは仕様






オハネフ25 2000番台




オハ24 300番台




スハネ25 2000番台


新大阪と西鹿児島を結んでいた(2005年10月からは、京都~熊本)ブルートレインなはの編成です。
電源車、寝台車、座席車あわせて10両編成で、私の模型の方も、最近フル編成になりました。
車両は、電源車と開放式B寝台車は、トミックスの製品をベースに色入れをしたものや、塗装し直して金帯から銀帯にした車両などがあります。
個室寝台車は、スハネ25-2000はトミックスのオハネ25を、オハネフ25-2000はトミックスのオハネフ25をベースに、窓を開け直すなどの改造をしています。
レガートシートのオハ24-300は、KATOのサロ481を改造したものです。座席は、モリタの1人掛け陸ライニングシートを使用しました。
寝台車と座席車には、室内灯を組み込んでいます。
車両番号も、GMのインレタでJR九州に所属していた番号に変えていますが、残念ながら、すでに廃車になった番号も含まれています。
10月のダイヤ改正で、彗星が廃止になり、なはが、あかつきと併結になり、なはの編成は短くなりました。なはのレガートシートは、残念なことに編成から外されてしまいました。
私の模型は、やっとフル編成になったのに、実物は、規模が縮小されました。
ブルトレ好きの者としては、これ以上、ブルトレを廃止するのは止めて欲しいと思うのですが、それも時代の流れなのでしょうね。

JR西日本・東海285系 サンライズエクスプレス


JR西日本285系0番台



JR東海285系3000番台


東京と出雲市・高松を結ぶ新型寝台特急として、平成10年に誕生しました。
模型は、KATOの製品です。私は、0番台と3000番台を各1本ずつ所有していて、0番台を「サンライズ瀬戸」高松行き、3000番台を「サンライズ出雲」出雲市行きにしています。
別売りの室内灯も全車に装備しました。

JR西日本24系 寝台特急トワイライトエクスプレス






「トワイライトエクスプレス」は、大阪と札幌とを青函トンネル経由で結んでいた豪華寝台特急で、24系客車の改造により誕生しました。
客車は、全車両、JR西日本が所有していました。
長年、JR西日本の看板列車として、活躍していましたが、車両の老朽化などの理由で、2015年(平成27年)3月のダイヤ改正で、運行を終了しました。
模型は、KATOの製品で、別売りの室内灯の取り付けや、屋上などへのスミ入れを行なっています。
2017年9月15日UP

JR西日本24系 特別なトワイライトエクスプレス






寝台特急「トワイライトエクスプレス」は、2015年(平成27年)3月のダイヤ改正で、運行を終了しましたが、一部の客車は、編成組み換えのうえ、約1年間、クルーズトレイン「特別なトワイライトエクスプレス」として、JR西日本の管内で運転されました。
模型は、トミックスが限定品として発売していた製品で、室内灯の取り付け、中間連結器のKATOカプラー化、屋上などへのスミ入れを行っています。
2017年9月15日UP





1つ前に戻る

TOPへ戻る