Nゲージ車両 近畿日本鉄道


ここでは、私が所有するNゲージ車両のうち、近畿日本鉄道の車両を紹介します。





近畿日本鉄道2800系電車




近鉄大阪線で、主に普通列車に使用されている車両です。
4扉で、車内はロングシートになっています。
模型は、GMの近鉄2610系のキットをベースに、付属パーツを使用して、2800系にしました。
使用した塗料は、床下機器にMrカラーのガルグレーを使用した以外は、ほとんどGMの指示どおりのカラーを使用しました。
私の模型は、裾と雨どいのマルーンが省略された、現行の塗装にしました。

近畿日本鉄道23000系電車





大阪難波または名古屋と伊勢志摩方面とを結ぶ近鉄特急「伊勢志摩ライナー」に使用されている車両です。現在、実車は、リニューアル工事により、内外装ともに変化しています。
模型は、マイクロエースの製品で、座席番号表示仕様を選びました。
ドアやクーラーなどのモールドへのスミ入れや、屋上配管への色差し、室内灯の取り付けなどを行いました。なお、中間連結器は、以前はマイクロカプラーを装着していましたが、運転中に解放するなどのトラブルが続出したため、TNカプラーに再換装しました。
2017年3月20日UP

近畿日本鉄道9200系電車





近鉄大阪線で活躍する9200系電車は、1983年(昭和58年)に3両編成で誕生し、1991年(平成3年)に中間車が増備され、4両編成化されました。
4両編成化の際に誕生した中間車は、他の車両とは車体断面形状が異なるのが特徴です。
新造時は、奈良線で活躍していましたが、のちに、ほとんどの編成が大阪線に転属し、大阪上本町~青山町で運用されています。
模型は、マイクロエースの製品で、屋上配管への色差しや、連結器のTNカプラー化を行いました。先頭部にもTNカプラーを装着しましたので、他の編成との連結もできます。
2017年3月20日UP

近畿日本鉄道2680系電車



近鉄の2680系電車は、近鉄一般車では初の冷房車として、1971年(昭和46年)に、3両編成2編成が製造されました。
うち1編成は、2001年(平成13年)に、鮮魚列車専用車に改造され、現在も活躍していますが、残りの1編成は、2002年(平成14年)に廃車になりました。
模型は、グリーンマックスの「鮮魚列車」タイプの完成品で、屋上のクーラー部分を、Mrカラーの明灰白色(三菱系)で塗装したほか、屋上配管への色差し、パンタグラフの塗装、貫通路への幌の取り付け、中間連結器のKATOカプラー化を行いました。
2017年3月20日UP





1つ前に戻る

TOPへ戻る