Nゲージ車両 首都圏私鉄(京急と東急を除く)


ここでは、私が所有するNゲージ車両のうち、首都圏私鉄の車両を紹介します。
ただし、京浜急行と東急電鉄は、別室にて紹介いたします。





小田急電鉄デハ2200形




新宿から小田原方面へ路線を持つ小田急電鉄の、初期のカルダン駆動車です。
1954年に登場した当時としては、先進的な技術が数多く採用されていました。
模型は、トミーテックの鉄道コレクション第3弾の車両で、保有する4両すべてをNゲージ化しました。
内容は、動力ユニットや金属車輪の装着やパンタグラフの交換のほか、カプラーのKATOカプラー化、屋上配管の色入れを行いました。
うち2両は、先頭部にも、KATOカプラー密連形を装着していますので、最大4両編成で運転することができます。
2007年12月29日UP

北総鉄道7000系




千葉ニュータウンの北総鉄道で活躍していた7000系は、独特の前面形状から、げんこつ電車の名で知られていました。
北総鉄道の路線だけではなく、京成電鉄、東京都営浅草線、京浜急行電鉄にも乗り入れて運用されていましたが、現在は、老朽化により、全車両引退しています。
模型は、マイクロエースの製品で、付属のステッカーを貼っただけではなく、屋上配管に色入れをして、ドアのモールドにスミ入れを行いました。
また、中間カプラーは、KATOカプラーに換装しています。
2008年7月2日UP

東京都交通局5300系




東京都営地下鉄浅草線で活躍する車両で、1991年(平成3年)に営業運転が開始されました。京浜急行電鉄や京成電鉄、北総鉄道にも乗り入れて運用されています。
模型は、マイクロエースの製品で、クーラーやドアのモールドにスミ入れをし、屋上配管に色差しをしたほか、中間連結器をマイクロカプラー化しました。
2012年9月24日UP

北総鉄道9100系




北総開発鉄道(当時)の路線延伸に伴って、1994年(平成6年)秋に導入された電車です。現在は、千葉ニュータウン鉄道が所有し、北総鉄道が管理しています。
模型は、マイクロエースの製品で、1次車をモデルにしています。中間連結器をマイクロカプラーに換装したほか、クーラーのモールドにスミ入れをして、屋上配管に色差しをしています。
2014年7月14日UP

西武鉄道371系電車




国鉄クモハ11形400番台の払い下げを受けて導入した車両で、1959年(昭和34年)から1965年(昭和40年)にかけて竣工しました。
模型は、トミーテックの鉄道コレクション第4弾の車両で、クモハ377とクハ1331をそれぞれ2両ずつNゲージ化しました。
内容は、動力ユニットや金属車輪の装着、パンタグラフの交換のほか、屋上配管への色差しと連結器のKATOカプラー化を行っています。
また、車番は、クモハ、クハとも、1両は、車番を変更しています。
当模型鉄道には、4両所属しているうえ、うち2両の車両は先頭部にもKATOカプラーを装着していますので、最長4両編成で運転することができます。
2014年7月14日UP

西武鉄道451系電車


クモハ471


クハ1472


クハ1660


西武鉄道では初の両開き扉とアルミユニットサッシを採用した系列の電車です。1959年(昭和34年)から製造されました。
模型は、トミーテックの鉄道コレクション第7弾の車両で、わたしが購入した車両4両をNゲージ化しました。
内容は、動力ユニットや金属車輪の装着、パンタグラフの交換のほか、屋上配管への色差しと連結器のKATOカプラー化を行っています。
また、クモハ471のうち1両は、車番を変更しています。
当模型鉄道の車両は、最長4両編成で運転することができます。
2014年7月14日UP

西武鉄道9000系電車・幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN)






西武鉄道9000系は、1993年(平成5年)から1999年(平成11年)にかけて製造された4扉の電車で、廃車になった101系電車の機器を再利用して作られました。
そのため、登場時は、抵抗制御車でしたが、のちに機器更新が行われ、現在は、全編成とも、VVVF制御方式になりました。
車体は、2000系電車とほぼ同じ仕様の普通鋼製で、新造時は、全編成とも、黄色塗色でしたが、うち1編成が、2014年(平成26年)、京急の電車とほぼ同じ赤基調の塗色に変更されました。
その編成は、「RED LUCKY TRAIN」と呼ばれています。
模型は、グリーンマックスから発売されていた製品で、ベンチレーターなどの屋上機器の塗装や、クーラーへのスミ入れ、屋上配管への色差し、中間連結器のKATOカプラー化や貫通幌の取り付けなどを行いました。
2017年8月15日UP

東武鉄道7300系電車






東武鉄道7300系は、第二次世界大戦直後の混乱期に国鉄63系電車の形状そのままで投入された6300系を、1952年(昭和27年)に改造・改番して誕生しました。
その後、7800系電車と同様の車体に更新され、通勤輸送に大活躍しました。
しかし、のちに高性能車が誕生し増備されるのに従い、走行性能や接客サービス面で見劣りが目立つようになり、1984年(昭和59年)までに、全車両引退しました。
模型は、トミーテックの鉄道コレクション第9弾の製品で、わたしは、シークレットのモハ7329を含む4両を所有しています。
うち1両へ動力を組み込んだほか、残りの3両の車両は走行用パーツセットによる金属車輪化などを行っています。
また、パンタグラフの換装、連結器のKATOカプラー化、貫通幌の取り付けなども行いました。
2017年8月15日UP




1つ前に戻る

TOPへ戻る