岡山県のバス・宇野自動車


ここでは、宇野自動車の画像などを掲載していきます。



概要
岡山市の中心部・表町に本社を置く宇野自動車は、「宇野バス」の呼び名で親しまれている乗合バス専業のバス事業者です。
社名に使われている「宇野」は、地名ではなく、創業者の姓に由来しています。
岡山県東部に路線を保有しています。
対キロ区間制運賃を導入しているバス事業者の中では、全国で3番目に賃率が低いことで知られていて、安い運賃のバスとして好評を博しているほか、安い運賃にも関わらず、創業以来、一度も赤字を出したことがない点も高く評価されています。
かつては、車両の代替ペースが早いことで知られていましたが、1999年の新車導入を最後に、近年は、新車の購入がストップしていています。それは、交通バリアフリー法の施行により、新車を導入するには、ノンステップかワンステップしか選択できなくなる上、座席数の減少が避けられなくなるためで、高い着席率を重視する宇野自動車は、それを避けるために、やむを得ず方針転換したものと思われます。
また、利用率の低い路線の廃止もかなり進めているほか、かつては、備前方面への定期観光バスの運行がありましたが、現在は、とりやめています。
その一方で、「マイカー利用者にもバスを利用してもらう」ための施策にも前向きで、赤磐市では、バス停付近に専用の駐車場を設置の上、パークアンド・バスライドを実施しています。
そのほか、2008年の春には、高齢者などの交通弱者への利便性向上のため、赤磐市内で、住宅街と公共施設や商業施設をダイレクトに結ぶ循環バスの運行を始めています。これも、これからの時代を見つめた試みといえるでしょう。
マイカー利用者から、交通弱者まで、地域の多くの人たちに愛される交通機関としてがんばるバス事業者として、高く評価したいと思います。



車両風景(一般路線バス)
車両風景(赤磐循環バス)
終点の風景
営業所・車庫・転回場の風景
狭路の走行風景
バス停標識写真